ウォーターサーバー群馬県

ウォーターサーバー電源のつけっぱなし雑菌の心配

もし、自宅などにウォーターサーバーを導入する場合には、電源を一回入れたら、二度ときらないようにしましょう。ウォーターサーバーは、冷水で荒れが5度程度、温水の場合には90度程度の温度に意地をしないといけません。こうすることで、温水でも冷水でも、必要な時に、いつでも使えるようになります。そしてもう一つ、雑菌を繁殖しないようにするために、上で紹介をした温度を維持する必要があるのです。

使わないときに、電源をオンにしたままにしておけば、電気代がもったいないと思う人もいるかもしれません。しかし電源を切ってしまうと、水温を一様に保つことができなくなってしまいます。すると、サーバーの中で、雑菌が繁殖をする環境を作ってしまうわけです。電源を切って、また必要な時に電源を入れます。水は出るかもしれませんが、水の清潔さは保証できなくなってしまいます。

また中には、自分が意図せずに、電源が切れてしまうこともあるかもしれません。天候が悪化して、停電になった場合です。この場合には、いったんボトルを取り出して、サーバーなどをきれいにする必要があるでしょう。業者の人に問い合わせをして、メンテナンスをお願いしたほうが確実です。

もしくは、電源を切っても、衛生面の担保ができているというウォーターサーバーを選びましょう。インターネットのサイトを見てみると、電源を切っても大丈夫というウォーターサーバーを提供している業者も、出てきているようです。